放浪記

每天早上

每天早上,来这栋大楼上班的时候,都要匆匆掠过一扇玻璃门。只要是晴天,都能在这门上瞥见一眼被金色阳光镀了金边的自己的轮廓。从此,无论这一天究竟是无聊还是匆忙,有趣还是重复,都因太阳光这小小却珍重的恩赐,有一个喜悦光辉的开始。
  1. 2009/10/26(月) 11:34:36|
  2. 日 常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<与虫居 | ホーム | 七月 鼓浪屿七日>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://2ya1005.blog124.fc2blog.us/tb.php/91-a3d7929f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Profile

2ya

Author:2ya
祈愿自此认真度日

New Entry

New Comment

Monthly Archive

Category

Search

RSS Feed

Links

Add this blog to links